読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

オメデタ!?


いつものようにザリガニの水を取り替えていた時のこと。
ザルを下にして、ザリガニの入った桶を勢いよく傾ける。
ふと一匹のザリガニを見ると。


小さな卵がおなかにびっしりと付いている!


ありゃりゃ。そんなことにも気づかずに思いっきり落としてしまったよ。
(ザリガニのお母さん、ごめんなさい)


しかしザリガニの卵の育て方なんて知らないぞ。
さっそくネットで調べることにしよう。


ググること数分。
なるほど。メスは一匹だけにした方がいいのか。
しゅっちゅう共食いするどう猛なやつらだから、グッピーみたいに自分の子供食べちゃいそうだものな。
(すでに二匹ほど共食いの犠牲になってしまっている)
まずはケースを買ってこなくては。


ふむふむ、流木や塩化ビニールチューブを沈めておくといいのか。
こうすれば共食いも少なくなるだろうか。
ちょっと探してみるかな。


(読み進むと、そこに子作りの写真がある)
あ、あれって子作りの最中だったのか。
ケンカしてるのかと思って引き離しちゃったよ。
カップルのお二人はさぞかしご立腹だったことだろう。^^;;
(またまたザリガニさん、ごめんなさい (_O_) )


ザリガニに使えそうなケースを近くの100円ショップで買ってくる。
お母さん、新しいおうちを気に入ってくれるだろうか。
というか、もう水槽の置き場所がないんですが(笑)
そろそろ家賃払っていただかないとね。


追伸:


とても不謹慎なんだけど。
ザリガニのお母さんが抱えた卵。
見た目がキャビアみたいで、とってもおいしそうなんですが。^^;;
いや、もちろん食べませんけどね。


※そのうちザリガニに祟られそう。。