読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

ジュラシックパーク


春も近づき、暖かい日々が増えてきた今日このごろ。
会社のザリもだいぶ大きくなってきた。
以前は本当に小さかったザリたちも、最近ではもう立派なザリガニの形をしている。
暖かい会社のザリたちは、家よりも早く成長しているようだ。


さて、このブログをずっと読んでいただいている読者の方はご存じだと思うが、会社ではもう一人ザリの子供を育てている人がいる。
実は、去年産まれたザリの子供達を里子に出したのである。
ここでは仮にその人のことを「ブリーダーA」と呼ぼう。
ちなみに私は「ブリーダーB」と呼んでください。:)


ほぼ同じ環境で育てられていると思われるザリたち。
ところが、ほぼ同じはずなのに、ちょっとした異変が起きている。


これが現在ぼくが育てているザリの赤ちゃん:


こちらはブリーダーAさんが育てているザリの赤ちゃん:


これを見るとそんなに変わらないみたいだけど、実際は:



なんだこの違いは(汗)


ブリーダーAさんのザリの方が倍以上大きいのだ。


半年ぐらい前までは同じ大きさだったはずなのに。
これじゃラプトルとT-REXだ。
例えが分かりづらいか。
赤ん坊と大人、って感じかな。


やっぱり飼い主の愛情が足りないのだろうか。
なんとなく想像してるのは、ブリーダーAさんは一匹ずつ分けて飼ってること。
何匹かまとめて飼ってると、なんかストレスも多いようで、脱皮の回数も少ない気がする。
もう少し大きくなってきたら、別々の容器に移そうかな。


はっ、もしかしてKさんが言うように、これはドーピング!?