読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

PSPでオンラインソフトを遊ぶ


というわけで、自分用メモも兼ねて、PlayStation NetworkからPSPのゲームを買ってダウンロードするまでの流れをまとめてみました。なお、方法はいくつかあるようですが、今回は私の使った手順を紹介しています。


なお、環境作成には以下のサイトを参考にさせて頂きました。感謝。


PS3 / PSPゲームアーカイブスWiki @2ch - トップページ

概要


PlayStation Storeというサイトで、PS3やPSP用のゲームなどのソフトウェアをオンライン購入できる。ソフトはMedia Goという専用ソフト経由でPSPにUSB経由でダウンロード可能。ゲームだけではなく、音楽や動画・画像なども扱うことが出来る。


購入したソフトウェアは自分のアカウント内で管理。何度でも再ダウンロードも可能。機器も最大5台までのPSPを認識させることが出来る模様。

必要なもの

PSP本体


当然か(笑)。ちなみにゲームのダウンロードをするだけなら、無線LANは必要ないです。

メモリースティックPro Duo


PSP Goの場合はメモリースティックマイクロだっけな。なるべく容量の大きい方が便利。yasuhoはアキバでレキサーのメモリースティックPro Duo 16GBを購入して使用。

インターネットに接続可能なPC


本体だけでも不可能ではないらしいが、ダウンロード時間やアカウント管理などを考えると、やはりPCがあった方が現実的かと。


Media Goの動作環境はこちら

USBケーブル


普通のmini-Bケーブルが使えます。

携帯以外のメールアドレス


アカウントの開設や管理に必要。フリーメイルとかでもOK.

準備


詳しくはこちらで。

Media Goのインストール


まずはここからMedia GoをダウンロードしてPCにインストール。もしQuick Timeがインストールされていない場合は、途中でインストールされる。

アカウントの作成


ここPlayStation Networkのアカウントを作成。


クレジットカードを持っていない、あるいは使わない場合はクレジットカードの項目はスキップしてよい。

Media Goの起動をサインイン


無事アカウントが作成できたら、Media Goを起動し、左側にあるPlayStation Storeをクリックしてサインインする(ちなみにログオンは左上にある「サインイン」アイコンをクリックすれば出来る)


なお、ソフトウェアはウォレットと呼ばれるアカウント上の財布に、事前にチャージしておく必要あり。チャージはクレジットカードもしくはコンビニ等で購入できるプレイステーションネットワークチケットを使う。ちなみに私はPSNチケットを利用。

購入&ダウンロード

購入


Media Goでログオンしたらソフトを探してクリックしていけば、購入とダウンロードが可能。なお、ダウンロードは後からでもできる。


まずは購入する前に、無料ソフトや体験版などで試してみるとよい。

ダウンロード


PSP本体へソフトをダウンロードするには、PCとPSPをUSBケーブルで接続し、Media Goのダウンロードを使って行う。


PSP本体のシステムソフトウェアのバージョンアップを要求される場合あり。アップデート方法はこちら。ちなみにyasuhoはPC経由でアップデートした。

実際に遊んでみて


yasuho的にはPS1のソフトをいくつか購入してみました。


PS1はエミュレーションで動いているようで、遊んだ感覚はPS1と変わりません。ただ、画面が小さいので、細かい文字が多いRPGなどはちょっとつらいかも。yasuhoの購入した範囲ではそれほど気になりませんでしたが、購入する時は気を付けた方がいいでしょう。


ちなみに今日現在までyasuhoの買ったソフトは以下の通り。


XI[sai]
I.Q Intelligent Qube
POLICENAUTS
コナミアンティークス MSXコレクション Vol.2


しかしこれはヤバイ。クレジットカードでチャージしたら、歯止めが利かなそうなので、私にはチケットチャージがあってるような気がします(笑)

ゲームのオンライン販売について


私は家でゲームをする時間がないので、携帯ゲーム機でのダウンロード販売がされていることは嬉しく思います。しかも購入したソフトはダウンロードし放題で、PSPのみならずPS3でも実行可能というところはとても好感が持てました。というより、このようなシステムでなければ、オンラインで購入しようとは考えなかったと思います。


それに対して、ライバルである任天堂さんはオンライン購入したソフトは持っている一台のみ。それも故障したり買い換えたりした場合はオンラインソフトを再購入する必要があると聞いていますので、今後の改善に期待したいと思います。


ゲームは年々ハード・ソフト共に高性能化が進み、制作費は年々増加の一途をたどっています。以前のようなアイデア勝負のような開発はし辛いのか、多くのゲームソフトは続編ばかり。それが今のゲーム業界の衰退につながっていることは誰の目にも明らかだけど、現実は簡単には変えられないのでしょうが、オンライン販売はそこを変える可能性を持っていると思います。


続編ばかりになってしまうことには、実は買う側にも責任がある気がしています。毎回名作ゲームの続編ってだけでミリオンを達成してしまえるから、作る側も「やっぱり続編作ってればいいのか」ってなっちゃうんじゃないでしょうかね!?まあyasuhoも有名RPGとか買ってるわけで、あまり大きなことは言えないですけど。


今すぐに時代が変わるとは思えませんが、オンライン販売は価格の安さ、購入の手軽さ、多くのソフトを切り替えて使える便利さ、などから今後のソフトウェア販売の主流になっていくことは確実でしょう。何よりボクの大好きなビデオゲームが衰退してしまわないように、この悪循環を断ち切るインフラとして今後も発展していくことを願ってやみません。