読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

シャープ、PC生産から撤退ですか

 シャープが、PC本体の生産を終了していたことが判明した。

 シャープのパソコン事業は、4bit CPUマイコンキットに始まり、半完成品キットのMZ80Kを経て、完成品としては1980年に発売された8bit CPUのMZ80Cシリーズが最初の製品であった。

 以来、MZシリーズとは別系列のX1/X68000シリーズを経て、近年はMebiusシリーズのノートPCと、大型液晶ディスプレイと組み合わせた「インターネットAQUOS」が主力となっていた。

【PC Watch】 シャープ、PC生産から撤退、GALAPAGOS事業に注力


MZ-40Kまで戻るのはどうかと思いましたが(笑)たしかにシャープのマイコン事業はあそこから始まった気がしますね。


MZ-80K, PC-8001とどちらを買うか、最後まで迷いました。結局PC-8001を選んでしまったのですけど、MZ-80Kは今でも憧れのマイコンです。


X68000は見た瞬間から買うことを決めていました。ゲームにプログラミングに、あれほど使い倒したマイコンは未だにないですね。ある意味最後のホビーマイコンと言えるかもしれません。

 シャープのパソコンは、8bit時代のクリーンコンピュータ思想、X1以来のTVとの親和性の高さ、最新液晶技術の導入、非Intelx86 CPUの積極的な採用など、多くの特徴があり、PC本体からの撤退は惜しまれる。今後のGALAPAGOS事業でも、新しい技術へ挑戦する伝統が生かされることを祈りたい。


いやいや。シャープさんは今でも十分にチャレンジャーだと思いますよ。:)


形としては「撤退」なのかもしれませんが、今の時代、PCという「箱」にこだわる必要もないということですよね。


Intel全盛の時代にモトローラのCPUで勝負をかけて一時代を築き、かつてZaurusで一世を風靡した精神で、また新たな分野を確立されることを期待しています。