読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

IT業界に向いてる人

IT業界というのは厳しい世界である。この業界で働いた経験がある人であれば、その厳しさは身に染みて分かっているはずだ。そしてIT業界にとどまるべき理由はないとの判断に至る人がいる一方、IT業界に魅力を感じて身を投じようという人もいる。では、IT業界で新たに働くことを検討している人や、IT業界から離れることを検討している人は、どうすれば正しい判断を行えるのだろうか?

あなたはIT関連の仕事に向いていないかも?--IT業界への不適応度チェック10項目 - CNET Japan

これ別にIT業界関係ないよね。仕事は何であれ厳しいものだし、向上心がなかったり仕事が全然好きじゃないって人はどこ行ってもダメだと思うけどねえ。むしろIT業界に向いている人は何か考えた方がいいのでは。あ、この逆が業界に向いてる人ってことなのか。:)

以前プログラマに向いてる人っていう記事を書いたっけ。これ紹介すると終わってしまうから、一つ付け足しておこう。というか、ある意味これが一番重要かも。

英語に抵抗がないこと

別に外資系でなくても、常に英語力を必要とされるのがこの業界。新しいテクノロジーや技術書は言うに及ばず。日本語訳があったとしても、何言ってるのか分からなくて結局原文を見たって人は多いはず。

ネイティブレベルになるのはかなり努力が必要だけど、少なくとも英語を読むことに抵抗をなくしておくことは大事だと思う。

特に若い人達はがんばってね。私みたいに年取ってからだと大変だからさ。:)