読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

デバッグはプログラミングの醍醐味の一つだと思ふ

プログラミングの本は多々出版されていますが、デバッグの本はあまりありません。また、プログラミングは大学の授業や企業セミナーなどでも習得できますが、デバッグを教えてくれる教室などはあるのでしょうか?

「まずは可視化コード書きから」めんどくさがり屋必見!できるだけ作業時間を減らすデバッグ術 | Think IT

確かにデバッグの本ってあまり見たことないなあ。プログラミングとデバッグって、どちらも必要な技術なのにね。

デバッグ技法について以前に記事をいくつか書いたので、貼っておきます。

デバッグは最高に面白いパズルゲーム - yasuhoの隠れ家
デバッグを想定しながらコードを書こう - yasuhoの隠れ家
訳の分からない問題に対処するには - yasuhoの隠れ家

とまあ、それは置いといて :)

デバッグって楽しくない!?

デバッグさえなければプログラミングは楽しいのに、と感じているエンジニアは多いと思います。しかしデバッグは避けて通れないのも事実。そして、おそらくみんな、自己流で身に付けていくものだと思います。

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

あんな楽しい作業はないのにー。プログラミングの醍醐味の一つだと思ふ。毎回問題と回答が違う高度なパズルゲームだよね!?

確かに納期が迫っていて、とにかく問題を見つけなくちゃいけない時は大変だけど、基本的には面白いと思うんだけどなあ。

確かに手法は自己流かな

ある程度の定石みたいなものはあるけど、マニュアルどおりにやって解けるわけじゃないしね。

よくある手法としては、消去法かな。あらゆる可能性を試してみて、理詰めで原因を絞り込んでいく。たまには視点を変えてみる。数独とかピクロスとか、数学パズルを解く感覚に似てると思う。

もちろんピクロスは好きですよ、ええ :)