読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

これはアジャイルの本ではない - 【アジャイルサムライ−達人開発者への道】

というと語弊があるかもしれないけど、否定してるわけじゃなくて、褒め言葉です(笑)

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

最初は

アジャイルってのが知りたくて読み始めたんですよ。で、読み進めて気がついたわけです。

アジャイルって、特別な開発手法じゃない

ってこと。

もちろんアジャイルの方法論や実践方法を書いてるんだよ

でも著者はとりだてて「これがアジャイルだ!」みたいな言い方はしない。

「君たちの開発に何か問題はない?それって何が問題なんだろう。実はこんなことじゃないかな。それならこういう方法があるよ」こんな語り口で話は進む。話題は開発者なら誰もが経験のあることばかり。方法論を述べるんじゃなくて、解決方法の糸口を提示することで、問題解決の手助けをする。最後に「マスターセンセイ」がしめる。こんな感じ。

別にやり方は関係ないんだ。何が真の問題かを見極めて、適切な処置をすることが大事。そう語りかける著者の言葉には説得力がある。

アジャイルに興味がなくても

開発者、特にプログラマにぜひ読んでもらいたい本。読みやすくて、気軽に読めるしね。オススメ :)