読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

仕事の仕方は教えてもらえるけど、技術は教えてもらえない

「職人」が具体的にどういう仕事なのか明かされていませんが、相談者さんは職人の「仕事は教えない」は嫌がらせではないかとも考えています。現代的にいうとパワハラですね。回答者からは、この意見に賛同する声が相次いでいます。

職人の「仕事は教えない」は嫌がらせなのか? 「技術は食い扶持。盗むしかない」との反論も : ネトウヨにゅーす。

そもそもこの話がソフトウェア業界のことかどうかすら分からないけど、業種に限らず、よくありそうな話ではある。

私の経験では

「教えない」というような極端な例は見たことがないなあ。質問する前に調べもしない人に対して「自分で調べてごらん」って、やんわり言うぐらいのことだったらよく見るけどね。

優秀な人は大抵忙しくて、ゆっくり教えるヒマなんてない。そもそもそういう人は誰かに教えてもらうなんてあまりしたことなくて、自分で必要なことを学んでいったという人だから優秀なわけで、自分ではない人がどう学んだらいいかなんて分からないし、教えられない、といったところじゃないかな。人によっては「教えてくれない」って思うかもしれないね。

多くの技術者は教えることが嬉しいのよ。なので、教える人が喜ぶような聞き方をすると、どんどん教えてもらえるようになって、仕事も振ってくれるようになっていくんじゃないかと。

ただ、一つ思うのは

仕事の仕方は教えてもらえるけど、技術は教えてもらえないってこと。要求をスマートに実現する設計力。シンプルでパワフルな実装力。難解な問題を解決する分析力。そういった技術者として資質は、自分で磨いていくしかないんじゃないかな。ていうか、自分で書いてて心苦しいわ(笑)

お互い、頑張りましょう^^;