読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです

インテル8080伝説を読んだ

いしかわさん投稿を見て「これは買わねばなるまい」と思い、購入しました :)

インテル8080伝説

インテル8080伝説

購入したのが発売されて間もなかったせいか、CD-ROM付きの初版をゲット。このCD-ROMにはなんと本書と全く同じ内容のPDF(しかもオールカラー!)が収録されていたので、PDF版を読んだ。本書はページをめくってすらいない(笑)

初版のみCD-ROMが付くということだが、出版社の購入ページから直接買えばCD-ROMがもらえるみたい。

さて

その内容ですが、70-80年代のマイコン世代であれば当時の空気を感じられることは間違いない。のですが、本書の肝は8080マイコンを作る!というところにあるので、ハードウェアの知識がないとちょっとツライかも。かく言う私は電子工作のところはイマイチ分からなかったです。

とはいえ、なるべく当時のノリで作ってみようという著者の心意気は十分に伝わります。そうそう、当時のマイコンは命令サイクル数からクロックが計算できたんだよな。EPROMに焼く時はインテルHEXフォーマットを使うんだっけ。そんな当時のことを思い出すことが出来ました。

最初に触れたコンピュータが、こういった素直な設計のハードウェアだったことに今更ながら感謝です。コンピュータの学習に大きな苦はなかったものね。これが今のマイコンクラスだったら、イヤになって投げ出してしまってたかもしれない。

そういえば

今回始めて池袋のジュンク堂書店に行ったのですが、ここのコンピュータコーナーはいいですね!整然と並べられた書棚に豊富な雑誌のバックナンバーの数々を見ていたら、かつてコンピュータの本を買うために足しげく通った神保町の書泉グランデを思い出しました。お気に入りの本屋さんになりそうです :)