読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマyasuhoの隠れ家

某ソフトウェア企業に勤務するおじさんプログラマyasuhoです


GBAファイラーができたので、ようやく電車の中などでベーマガスレが読めるようになった。


いやー、しかしこのスレを読むのはなかなか大変だ。
けっこう何日も読んでいるのだが、ようやく7スレ目に到達したところである。
文字を読んでるだけなのだが、一つ一つに反応してしまって、進みが遅い。
これでリンク先なんかをたどってたら、もっと時間がかかってるだろうな。
まだまだ長く楽しめそうだ。


さて、ビュワーとしては便利に使っているのだが、せっかくSRAMを積んでいるのだから、ちょっとしたメモを取ることができたらいいなと思い、GBAによる文字入力の検討を始めた。
数ヶ月前にPHSを解約してしまったので、特にGBAをメモ代わりに使いたいという気持ちもある。
GBASRAMは64KBもあるので、メモを取るには十分すぎる容量だ。
さらに発展させて、blogの記事も書けるようになるといいな。


GBAで文字を入力しようとする時、まず考えなければならないことは、入力方法である。
当然のことだが、GBAは十字キーなどを含めても10個しかキーがないので、100個以上キーがあるPCと同じように文字を入力するわけにはいかない。
ファミコンロールプレイングゲームなどで勇者の名前を入力したことがある人は分かるよね。:)


ひらがなだけでも50種類、英数で36個、記号は30個あまり。合計116個といったところか。
単純計算をすると、最悪キーを10回以上押さないと現れないものもありそうだ。
キーを押す回数を減らすだけでなく、直感的に分かりやすいことも重要である。
単純にキーを押す回数だけだと、非常に使いづらいものになったりする。
まあ人間慣れれば扱えるようになるのかもしれないが。


いくつかのアイデアを考え、簡単にシミュレートしてみる。
決定キーを使わず、十字キーのみで確定してみたり。
LRキーである程度候補を絞り込んでみたり。
それらのコンビネーションというか、妥協点を探してみたり。


いろいろやってみたが、どうも使いやすいものにならない。
キー入力を減らすためには、一つのキーに複数の役割を与える必要があって、それがどうも使いにくさにつながっているようなのだ。
役割を統一させると分かりやすくなるのだが、キーを押す回数はどうしても増えてしまう。
POBOXのようなアプローチが取れるとよさそうなのだけど、GBAだとそれを覚えておくための辞書領域が足りない。


んー、思ったより難しいな。
SRAMに対するファイルシステムも検討しないといけないし。
けっこう先は長そうです。。。